知らないと損するインプラントの歴史

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、各パーツがどのように繋がっているかによって、以下に示す何通りかに分かれています。
インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

インプラント治療をかんがえているなら、最も重要なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかは持ちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全て歯科医の腕に任されているのでおもったより治療実績には差があると考えられます。
インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法なのは明らかで、手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラント治療の結果を左右するのです。

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。
高額の費用が負担となる方もまだまだ多いのです。そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどと銘打って独自の分割払いを取り入れた歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療の開始は十分可能になりました。インプラントの特長として、噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはけっこう大切なメリットの一つです。ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに丈夫に作られていることはいうまでもありません。持ちろん、キシリトールガムも大丈夫です。
長く根気のいるインプラント治療。
しかし、やっと治療期間が終わっ立といっても、安堵するのはまだ早いのです。治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、どうしても自分次第のところがあります。口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

日常的な努力を積み重ねることが大切なのです。
さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

インプラント治療はどのような流れかというと、段階が大聞く3つに分かれます。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのがだいたいの流れです。どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大切です。インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでにおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえて下さい。

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は無視できないものがあります。

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の一大関門となります。

周辺組織を回復指せるために、ニコチンも一酸化炭素もおもったよりマイナスに作用します。インプラント治療のために何でもできると思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙(最近では、喫煙できるスペースがかなり減っていますね)あるのみです。インプラント埋入は外科手術なので、術後は手術箇所が落ち着くように、安静に生活するよう気をつけて下さい。

日々の生活でも歯に負担がかからないようにして、日々の生活以上の負荷がかかる運動は当分控えて下さい。血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

運動を毎日のように行っている方は、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておいてください。